KYO'S BLOG

<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 原宿で | main | View Suica Down ... >>

設計の基本は標準を定義!?

0
    成果物定義の一環で設計基準とかを見直している。といっても片手間ではあるけど。
    そこで思ったのが、標準が必要ということ。
    もちろん、これまでも標準化や、そのための資料や定義はあったのだが、これまでのものが甘いということを認識。

    標準化してガチガチに固めると、柔軟性がなくなり作業が進まなくなる。
    というご意見もあるだろうけど、基本はガチっと固めて、例外は例外として定義するのがよいと思った。

    そうしないと設計思想がバラバラになり、レビューアも何を元に確認すればよいかが判断つかない。
    特に例外的に設計する場合は「なぜ例外なのか」が重要かと。それが、本当にその設計でよいのかを判断する要因になれると思う。

    何を以って品質を担保するか、、、の一要素としては、設計思想を統一するのが重要かなぁと。
    独自実装はバグのもとで、独自実装を直すことでの影響範囲も図れなくなるし。

    徐々に拡大していくシステムでは、定義のレベルの変化に対応する。
    そんなことも重要になってくるのやも?

    と、ちょっとしたツブヤキでした。
    ※規模感によってこの回答は変わるだろう・・・
    用はドキュメントレベルでないと意識あわせが難しい規模が前提かと。
    IT全般 | permalink | comments(0) | -

    この記事に対するコメント

    コメントする